人気ブログランキング |


日々の出来事を楽しく


by yuusuke-62

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
夕景
旅日記

徒然日記
勉強
街歩き
道案内
インターネット
カメラ
野鳥

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月

フォロー中のブログ

写愛館
心のカメラ more...

外部リンク

メモ帳

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

おとなの基礎英語
at 2017-03-13 10:20
大阪城梅林の梅の花とメジロ
at 2017-03-10 09:55
windows10で無料のフ..
at 2017-03-06 13:33
梅田をぶらりと散策
at 2017-03-04 10:25
五百円貯金
at 2017-03-01 16:30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧

多聞櫓

寛永5年(1628)徳川幕府による大坂城再築工事
によって建造されましたが、天明3年(1783)に落雷
のため焼失。その後しばらく石垣だけの状態が続き、
幕末に行われた大坂城総修復工事によって嘉永元年
(1848)に再建されました。再建にあたって幕府は
大阪、堺、兵庫、西宮のおもだった町人に多額の
御用金を課しています。明治維新の大火や第二次大戦
の空襲にも奇跡的に焼失をまぬがれたこの多聞櫓は、
高さが14.7メートルもあります。
大手口桝形の石垣の上に建ち、大手門を越えて侵入
した敵を迎え撃つ役割を果たしました。桝形の北、
下に櫓門(大手口大門)を有する渡櫓と、その東に
つながる続櫓とからなっていますが、桝形の南にあった
市多聞と呼ばれる建物は現存していません。
渡櫓内部は4部屋からなっています。

e0260550_22153236.jpg


多聞櫓内に入りますと続櫓の武者走りが、9~12畳の部屋が6あり、
どの部屋も奥行が狭くて横に長い部屋となっています。
これらの部屋は、いざ戦いと言うときに兵士たちがつめた所で
あったようです。

e0260550_2226643.jpg


e0260550_2227121.jpg


続櫓の突き当りを左に折れると渡櫓です。内部の南側には櫓門を
通る敵を攻撃する(やり落し)の装置を備える。兵士が多数駐屯
出来るようになっている。

カメラが悪いのか、撮影者が悪いのか、写りが悪くて
申し訳ないです。
暗い室内での撮影は難しいです。もっとカメラ撮影、
勉強しなくてはと思いますね。

e0260550_22311030.jpg


e0260550_22322215.jpg


e0260550_22325349.jpg


e0260550_22364458.jpg


e0260550_22375287.jpg


e0260550_22381061.jpg


e0260550_22383486.jpg


e0260550_22385586.jpg


e0260550_22392728.jpg


西の丸庭園から眺めた大坂城天守閣です

e0260550_5294556.jpg

by yuusuke-62 | 2016-04-26 22:33 | 街歩き