日々の出来事を楽しく


by yuusuke-62

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
夕景
旅日記

徒然日記
勉強
街歩き
道案内
インターネット
カメラ
野鳥

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月

フォロー中のブログ

写愛館
心のカメラ / more...

外部リンク

メモ帳

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

おとなの基礎英語
at 2017-03-13 10:20
大阪城梅林の梅の花とメジロ
at 2017-03-10 09:55
windows10で無料のフ..
at 2017-03-06 13:33
梅田をぶらりと散策
at 2017-03-04 10:25
五百円貯金
at 2017-03-01 16:30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ

画像一覧

2016年 04月 28日 ( 1 )

千貫櫓と焔硝蔵

千貫櫓の歴史は、豊臣時代、さらにそれ以前この地にあった
本願寺(石山本願寺)の時代にまでさかのぼります。
この本願寺と織田信長との間で戦われた石山合戦の時、
この櫓を攻めあぐねていた信長軍が(銭千貫文も出してでも
奪いたい櫓だ)と語り合ったと江戸時代の戦記(武功雑記)
は伝えています。「千貫櫓」の名称はこれに由来すると
言われています。
天正8年(1580)本願寺を下した信長は、のちの大坂城本丸
にあたるところを重臣の丹羽長秀に預け、千貫櫓を一族の
織田信澄に預けました。2年後、本能寺の変が起こって信長が
明智光秀によって殺害されると、丹羽長秀は、光秀への加担が
疑われた織田信澄がこもる千貫櫓を攻撃しています。
このことは、秀吉築城以前の千貫櫓が、一軍の将の拠点と
なるだけの規模と重要性を持っていた事を示しています。

e0260550_8102520.jpg


これは火縄銃です

e0260550_8133173.jpg


e0260550_8135931.jpg


e0260550_8143848.jpg


e0260550_815789.jpg


e0260550_8153499.jpg


「焔硝」とは硝石を精製して作った硝酸カリウムの事で、
これに硫黄と木灰とを混ぜ合わせると黒色火薬が出来上がります。
焔硝とはあくまで火薬の原料なのですが、江戸時代には完成した
火薬(合薬)をおさめた蔵の事を一般に焔硝蔵とよびました。

焔硝蔵は江戸城や二条城といった将軍の城をはじめ各地の大名
の城にもありましたが、江戸時代のまま残っているのはこの
一棟のみです。
壁、天井、床のすべてを石造りとした構造も他に全く
例がありません。

e0260550_838332.jpg


e0260550_8383287.jpg


e0260550_83955.jpg


e0260550_8393294.jpg

[PR]
by yuusuke-62 | 2016-04-28 08:39 | 街歩き